レディー・ガガ、毛皮騒動でファンに謝罪!
トッププロフィールディスコグラフィー掲示板ギャラリーお問い合わせ
RSS Twitter モバイル レディー・ガガ、毛皮騒動でファンに謝罪! « Lady Gaga Japan

レディー・ガガ、毛皮騒動でファンに謝罪!

2012年8月16日 03時00分 by

毛皮を着ることに決めたように思われるレディー・ガガ(Lady Gaga)だが、彼女はそのことに関する騒動をめぐり、ファンに謝罪している。ガガは動物の毛皮に関するファンの懸念について、「正当で称賛に値する」と評している。

ガガは先週、ニューヨークでミンクの毛皮と思われるピンクのコートをまとって外出し、物議を醸した。PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)の副代表のダン・マシューズはガガに対し、抗議の手紙を送っている。

マシューズは2011年に動物愛好家のトーク番組司会者、エレン・デジェネレスと交わした毛皮を着ない約束を破ったとして、ガガを非難した。しかし、ガガは自身のSNSサイト『LittleMonsters.com』に載せた文章でその非難を退けた。

ガガは言明している。「私の毛皮が本物かどうかについて書いているメディアなどの方々、デザイナーのエルメスの記載も忘れないようにしてください。どうぞよろしく!」

ガガは『LittleMonsters.com』に戻ると、ファンや批判的な人々に対して、この件に関してきちんとした見解を述べた。「ファンのみんなへ。あなたたちの気持ちや考えは、私にとってとても大切なことだとわかってほしいです。私はいつでも、あなたたちの人生の価値観を支持します。・・・ただ、私はどのような大義のためであっても、暴力的で、中傷的で、子どもじみたキャンペーンを支持することはありません。特に、私が尊重しているものに関してです。『動物の権利』です。」

「私が購入する毛皮がパイル素材の人工毛皮なのか、本物の毛皮なのか、コメントはしないことにします。それは、パイソン、オーストリッチ、牛革、レザー、ラム、アリゲーター、「カーミット」、言うまでもなく生肉など、これまで私が着たものの存在を認めないのは、偽善的だと思うからです。」

「これで私はファッションにおいて動物の美しさを理解し、崇める人間の部類に入るはずですが、私は完全なビーガンではありません。私は本当に常に、皮を剥がされた毛皮とは距離を置いているし、私は特に、これまでいい毛皮を買えるほどのお金の余裕はありません。でも、だからといって、私の道徳観には柔軟性がなく、純粋に芸術品のようなコートを目にした時、考えを曲げないというわけではありません。」

「これについて、私を束縛するものは何もありません。動物の死体という見方をする人がいるでしょう。私は芸術の素晴らしい作品という見方をします。でも、このことで動揺させてしまったファンのみんなには、本当に申し訳なく思います。動物たちの健康や安全を心配する気持ちは正当なものだし、称賛に値します。私はあなたたちの考え方を尊重しますから、どうか私の考え方も尊重してください。」

タグ タグ コメントコメント(1) 掲示板掲示板

カテゴリー: ニュース


関連記事


1件のコメントがあります
  • ポク
    2012年9月29日 15時50分

    有名人ゆえにいちいちチェックされるのはかわいそう…
    But!! GAGAさまは世界のファッションリーダーなのだ!
    自分の好きなヘアースタイルそして好きなファッション…etc
    一本筋が通っていてよいと私は思います。

コメントをどうぞ
You must be logged in to post a comment.

スケジュール
  • 11月6日 リリース新作『ARTPOP』
  • 11月10日 イベント『artRave』
  • 11月16日 テレビ米NBC『SNL』
  • 11月24日 アワード米ABC『AMA』
  • 11月26日 プロモーション新作PRのため来日
  • 11月29日 テレビテレビ朝日系『MステSP』
  • 12月2日 テレビフジテレビ系『SMAPxSMAP』
アクセスランキング
ランダム画像
サイト情報
  • サイト名: Lady Gaga Japan
  • 開設日: 2010年6月22日
  • 推奨ブラウザ: Google Chrome
  • 総アクセス数: 11304222
  • ...このサイトについて