レディー・ガガの新作『ARTPOP』は「実験的な」手法を採用!
トッププロフィールディスコグラフィー掲示板ギャラリーお問い合わせ
RSS Twitter モバイル レディー・ガガの新作『ARTPOP』は「実験的な」手法を採用! « Lady Gaga Japan

レディー・ガガの新作『ARTPOP』は「実験的な」手法を採用!

2013年6月19日 02時00分 by

レディー・ガガ(Lady Gaga)のプロデューサーのZeddが、ガガのニュー・アルバム『ARTPOP(アートポップ)』の詳細を明かしている。

ガガはこの12カ月間の多くを本アルバムの制作にあてており、ドイツ人DJのZeddはガガと制作している本作品をファンに届けることを楽しみにしている。

Zeddはローリング・ストーン誌とのインタビューで語った。「僕らが生み出したものを聴いてもらうのが楽しみでしょうがないです。正直言って、このアルバムを気に入ってもらえないなんて想像できません」

「僕らが作ったものは、最高にクールだと思っています」

そして、最終的にどの曲がアルバムに収録されるかはわからないとし、アイデアはまだたくさんあると語った。

「もちろんアイデアはまだたくさんあるし、作りかけの曲もありますが、ガガがどの曲をアルバムに使いたいと思うのかはわかりません。ガガの一存で決まることです」

また、新作に対するガガのアプローチの仕方や、ポップソングの力学を変えるための手法について称賛を惜しまなかった。

「素晴らしいです。ガガは誰にも迎合する必要がなく、ありのままの姿勢です。この作品へのアプローチの仕方としてガガが最初に考えたのは、僕らが何に対してもオープンな姿勢を取ることでした。クレイジー過ぎるからといって排除されることはありません」

「素晴らしいものは、たとえどんなものでも素晴らしいのです。僕らはやりたいことは何でもやります。ラジオのオンエアの尺に合わせるために、曲の長さを3分30秒にする必要もありませんでした」

Zeddはアルバムのスタイルについてさらに語り、「実験的な」手法がたくさん用いられたと明かした。なかには、彼にとって馴染みのない手法もあったという。

「僕らはEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)アルバムを作ろうとはしませんでしたが、EDMアルバムを作らないようにしたわけでもありません。僕が普段やっていることからまったく外れていることも、たくさんやりました」

「ある曲では、感情を表現する単語をガガから10個ほど与えられ、それを元にして僕が曲を作らなければなりませんでした。音楽へのアプローチの仕方として、とても実験的な手法を使っています」

『ARTPOP』は2011年の『Born This Way』に続く作品で、年内の発売が予定されている。

タグ タグ コメントコメント(0) 掲示板掲示板

カテゴリー: ニュース


関連記事


まだコメントはありません

スパム防止の為、名前とメールアドレスを必ずご記入下さい。メールアドレスは公開されません。


コメントをどうぞ
You must be logged in to post a comment.

スケジュール
  • 11月6日 リリース新作『ARTPOP』
  • 11月10日 イベント『artRave』
  • 11月16日 テレビ米NBC『SNL』
  • 11月24日 アワード米ABC『AMA』
  • 11月26日 プロモーション新作PRのため来日
  • 11月29日 テレビテレビ朝日系『MステSP』
  • 12月2日 テレビフジテレビ系『SMAPxSMAP』
アクセスランキング
ランダム画像
サイト情報
  • サイト名: Lady Gaga Japan
  • 開設日: 2010年6月22日
  • 推奨ブラウザ: Google Chrome
  • 総アクセス数: 10292164
  • ...このサイトについて